歴史とおもむきに浸る享保6年への旅


「享保六丑歳霜月吉祥日」と記された祈祷札が見つかり、吉田家住宅は享保6年(1721)に建築された、実年代のわかる県内最古の民家だとわかりました。
漆黒の太い柱や梁、床板、和紙を用いた建具、土間にかまど、火の燈る囲炉裏まで・・・ここには日本の美があります。囲炉裏を囲んで団子を焼いたり、うどんやお蕎麦をたべつつはるかな時に思いをはせることもできます。
座敷の貸し出しもあるので、イマジネーションあふれる会議の開催やワークショップ、写真の撮影会場にも〇。

≪吉田家住宅の歴史≫
平成元年(1988)に国の重要文化財建造物に指定されました。建物の規模は、桁行21.8メートル、梁間10.5メートルを測ります。
茅葺、入母屋造りの大きな民家で、間取りは「三間広間型」と呼ばれる奥に2間の畳敷きの座敷、手前に広い板間のある江戸時代の典型的なものです。板間にはいろりが切られ、土間の中央やや北側に大きな一口のかまどがあります。南側の大戸脇には風呂場があり、北側には流しが造られています。
土間の東半分はうまやです。北東部には浅い掘り込みがあり、ここに馬もしくは牛が飼われていました。南側には腰窓があり、ある時期には紙を漉いていました。南側から西側にかけて縁側が巡り、北西部には便所があります。座敷の上には2階が造られています。
昭和59年(1984)の調査で柱に貼り付けてあった棟札が見つかりました。ここには「享保六丑歳霜月吉祥日」と記され、この民家を建設した時の祈祷札であることがわかりました。
長い年月が経過したことで、建物の傷みが著しかったことから、平成8年度から3か年かけて、国庫補助事業として建物の全面解体修理工事が行われました。また、同時に初期消火設備や自火報知器の設置工事などの防災施設事業、西側斜面の擁壁工事などの環境保全事業も行われました。


埼玉県比企郡小川町勝呂423-1
[TEL]0493-73-0040
[WEB]https://yoshidake-ogawa.com
[営業]10:00~16:30
[休日]年末年始・月曜日・火曜日(休館日が祝日の場合はその翌日)
[料金]入館無料

あなたにおすすめの記事