持続的な農業で里山を守り
種を絶やさず未来に繋ぐ


横田 茂さん、智恵美さん、岳さん、海さん

年間約50品目の野菜や在来大豆を無農薬・無肥料で栽培する横田農場。先代は慣行農業を営んでいたが、長男の岳さんがアトピーと食物アレルギーを持って生まれ、有機農家の卵や無農薬野菜で完治したことを機に、「未来の子どもたちのためにも安全な食物を」と有機農業に転換した。今では岳さんと次男の海さんも就農し、一家で和気あいあいと畑作業に勤しんでいる。

有機農家が増え、堆肥の原料となる資源が不足するなかで、どうしたら持続可能な農業を続けていけるか。試行錯誤の末、地域に古くから伝わる在来種を中心に種を取り、繋げていくようになった。「農薬や肥料がなかった時代から、土地の風土に合わせて進化を遂げてきた品種なので、無肥料でも丈夫に育ち、種取りで更に強くおいしくなる」と智恵美さん。「昔の人から受け継いだ種のおかげで今があるんです」と茂さんは言う。「だから自分たちも未来の人のために絶やさず繋いでいく。それが農家の大切な使命なんです」


横田さんのお野菜を買うなら

道の駅おがわまち
●会員制個人宅配 http://yokotanojo.com/

あなたにおすすめの記事