この町には、美味しい農作物をつくる農家、応援してくれるお店、そして何より、召し上がってくれる消費者の皆さんがいます。
収穫の喜びと恵みをみんなで分かち合い、ぐるっとつながる「おがわ型農業」が、自然と人が美しく循環する地域をつくります。


おがわんプロジェクトは
生産者の宣言から


生産者が取組んでいる創意工夫や努力を「宣言する」

小川町が「宣言を認定」する

生産者のアクションを「おがわ型農業」と位置づけ、プロジェクトを推進する


小川町の田畑は、山々に囲まれた盆地の中にあり、平坦で広大な農地を抱える「産地」とよばれる地域とは大きく異なります。小川町の農業は、効率的な田畑に恵まれていないからこそ、農家の方々の「創意工夫」に溢れ、地域の人たちの協力、そして野菜を食べてくれる皆さんによって守られています。

「おがわんプロジェクト」は、そうした創意工夫やたゆまぬ努力を「生産者が宣言」し、「おがわ型農業」として見える化することで、頑張る農家さんを応援するプロジェクトです。

あなたにおすすめの記事